人事

人事

人権ポリシー

URANUS CHEMICALS CO。、LTDは、国際労働事務所の原則の三者宣言、OECD多国籍企業ガイドライン、国連世界人権宣言など、国際的に認められた人権の基準に従い、以下に従って行動するものとします。責任あるビジネスアライアンス、および人権の保険を策定し、 以下に示す労働政策

1.さまざまな互換性と機会均等:

1-1。従業員を雇用する際に、人種、階級、言語、思考、宗教、党派、出生地、出生地、性別、性的指向、年齢、結婚、外見、顔面に基づく言語、態度、行動に差別はありません機能、身体的および精神的障害、星座、血液型、または労働組合の過去のメンバーシップ。

1-2。雇用政策における差別的待遇を確実に行わないために、雇用、給与福祉、訓練、公正かつ公正な評価および昇進の機会が満たされ、効果的かつ適切な苦情処理メカニズムが提供され、危険を招く事態を回避し対応するものとします。従業員の権利、および建築に専念すること 平等な雇用の労働環境を整え、差別や嫌がらせのないようにします。

1-3。さまざまな互換性と機会均等に関する実装の定期的なフォローアップがあります。

1-4。 16歳未満の児童労働は雇用されないものとし、児童労働の雇用を引き起こす可能性のある行為は許可されません。


2.合理的な労働時間:

従業員が長時間労働を危険にさらさないようにするため、労働時間の指定と延長労働時間を指定しなければなりません。出席システムには、アラーム機能がアクティブにインストールされており、定期的な検査と制御があります。従業員の出席状況は気にかけ管理する必要があり、不規則なものがあるはずです 監督者および従業員への発表。


3.強制労働:

雇用関係が成立する場合、書面による労働契約は法律に従って署名されなければならず、契約では、雇用は相互合意に基づいて定式化され、強制労働はなく、不法に人身売買され、反奴隷システム。


4.健康安全に関するキャリア:

作業スタイルに伴う健康安全の潜在的なリスクを回避するために、従業員の健康安全リスクを定期的にチェックし、識別結果に応じた改善計画を作成します。



5.結社の自由:

従業員には結社の自由があり、さまざまなクラブを設置し、従業員がクラブに参加することを積極的に発表するものとします。



6.労使交渉:

円滑なコミュニケーションチャネルを確立し、労使会議を定期的に開催して、双方の利益を確保する必要があります。



7.プライバシー保護:

7-1。顧客と利害関係者のプライバシーを完全に保護するために、バランスのとれた情報の安全性と管理メカニズムを確立し、厳格な制御仕様と保護対策に従う必要があります。

7-2。サプライヤー、顧客などを含むすべてのビジネス協力パートナーは、人権問題に対する懸念を一緒に高め、関連するリスクの管理を評価するよう招待されるものとします。

7-3。知的財産権は尊重されるべきであり、コピーされたアイテムとプライバシーソフトウェアの使用は禁止されています。


8.ビジネス倫理:

ビジネスに不可欠であり、不当な利益、公共情報、知的財産権を持たず、公正な取引/広告および競争基準に従い、識別の機密性を保ち、報復を排除し、鉱物の購入、プライバシーの責任を負います。

歴史
    3問い合わせ